太るため 睡眠

太るためには質の良い睡眠も重要

太りたいのに太れない・・・

 

痩せ過ぎで悩んでいる方は 普段の食生活などにも気を使っていることと思います。

 

痩せ過ぎている方には睡眠も重要なポイントになります。

 

あなたは 充分な睡眠をとっていますか?

 

また 質の良い睡眠をとっていますか?

 

毎日忙しくてゆっくり寝たいのに寝られない・・・そんな方も多いと思います。

 

以前なら お休みの日に「今日はお休みだから寝溜めををするぞ」と今日は寝る日・・・と決めて睡眠をとっていた方も多いと思いますが、最近では寝溜めというのはあまり効果がなく、反対にデメリットが多いと言われています。

 

皆さんも経験があるかもわかりませんが、あまり一気に寝すぎると起きた時に頭がボゥ〜としたり、頭痛が起きたり・・・

 

また 夜に寝付けなくなってしまいます。

 

そうなってしまうと翌朝は睡眠不足の状態になってしまい、睡眠のサイクルが狂ってしまうことになるんですね。

 

 

そう言う理由から最近では 睡眠時間<睡眠の質 と言われています。

 

では質の良い睡眠とはどういうことなのでしょうか?

 

睡眠とは、ノンレム睡眠とレム睡眠の2種類に分かれています。

 

ノンレム睡眠・・・眠りが深く、体と脳が休まっている状態の事で、この状態の時には副交感神経が優勢になり、リラックスして眠ることが出来ます。

 

レム睡眠・・・体は休まっている状態ではあるが、脳が覚醒している状態になります。

 

 

ノンレム睡眠とレム睡眠は、90分周期で交互に訪れ、深い眠りのノンレム睡眠から始まり、90分後に浅い眠りのレム睡眠が起こります。

 

これが1サイクルとなり、8時間の睡眠の場合は、4サイクルから5サイクルが繰り返されることになります。

 

 

また、ノンレム睡眠には4段階の深さがあり、段階を追うごとに深い睡眠になります。

 

その中で質の高い睡眠とは、3段階〜4段階のノンレム睡眠のことを表します。

 

深い眠りである3段階から4段階のノンレム睡眠を取ることで、短い睡眠時間でもぐっすり眠れたと実感することができます。

 

 

>>>睡眠も充分とっているのに太れない!そんなあなたにオススメの方法はこちら♪

 

 

短時間でも質の良い睡眠の取り方は?

 

1:自分の睡眠サイクルを知る
90分の睡眠単位でレム睡眠時に起きるので 理想の睡眠時間は、約4.5時間、6時間、7.5時間になります。
これらの睡眠時間を基本とし、起床時間を考えましょう。そして 自分にとって目覚めの一番良い睡眠時間を実際に測ることをおすすめします。

 

 

2:寝る3時間前は食べない
満腹になると眠くなってしまいますが、夜、そのまま眠ってしまうのは良くありません。
その理由は、食べたものを消化するために胃腸活動するので、ぐっすり眠れないからです。

 

 

3:お風呂で半身浴がオススメ
睡眠中は、脳や体を休息させるために基礎代謝が減るので、眠る前に上手く深部体温が下がらないと寝付きが悪くなってしまいます。

 

そんな時は半身浴がおすすめです。体が温まり体温が上昇し、発汗や放熱を促進します。また 長風呂の場合は、寝る2時間前位にお風呂からあがるのがオススメです。

 

寝る直前にお風呂に入る場合は、ぬるめのお湯にさっと浸かるのがオススメです。

 

 

4:部屋を睡眠に適した温度・湿度にする
睡眠に理想的な室温は約26℃、湿度は50〜60%と言われています。

 

ただ、季節によって部屋の温度は違うので、冬は18℃、夏は25℃くらいに設定するのがオススメです。エアコンや暖房を使って室温を調整する場合、直接風が当たらないようにし、寝付いてから1時間くらいで切れるようにタイマーをセットしておきましょう。

 

 

5:熟睡できる照明を工夫する
質の良い睡眠に関係しているメラトニンというホルモンは、明るいと抑制され、暗くなると分泌が増えるそうです。

 

その部分を考慮し、眠る1時間前から暗めの暖色系の照明に切り替えると、脳の興奮や交感神経活動も低下し、メラトニンも促進されます。間接照明などで黄色や赤みがかった光でリラックスするのがオススメです。

 

 

6:寝る前にスマホやパソコンをしない
スマホやパソコンに青に近い白色のあかりは、目覚めの色と言われています。なので、寝る前は、出来るだけスマホやパソコンを見ないでください。

 

 

7:アロマを効果的に使う
眠れないときなどはアロマが効果的と聞いたこともあるのではないでしょうか?香りの成分によって、脳に刺激を与えてくれるアロマテラピー。質の良い睡眠にオススメなのか紹介します。

 

<オススメのアロマ>
イランイラン、カモミール、サンダルウッド、シダーウッド、ネロリ、マージョラム、 メリッサ、ラベンダー、ベンゾイン

 

 

いかがでしょうか?

 

特に寝る前にスマホやパソコンをすることは質の良い睡眠の妨げになると言われます。

 

私もそうなのですが ベットに入ってスマホをピコピコ・・・

 

すると 目が冴えてしまって眠れなくなった・・・ということがよくあります。

 

今回ご紹介したすべてを実践するのはなかなか難しいと思いますが、少しずつでも実践することで短時間でも質の良い睡眠をとることができ、少しでも体重の増加や肉付きが良くなるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

page top